ピンチをチャンスに 今こそ総合力で乗り切れ

2019年11月10日(日)第8節GAME2 岐阜スゥープス59-75東京サンレーブ

チームの司令塔吉田健太郎選手が負傷退場と苦しい戦いに

前日のGAME1で連敗を止めた岐阜スゥープス。その勢いに乗って東京サンレーブに連勝したいところだった。しかし、試合開始2分17秒でアクシデントに襲われる。チームの中心であるPG#37吉田健太郎がシュートを放った際に左足を痛め負傷退場。チームの指揮官とも言えるPGは#0岩松永太郎も右足の負傷で欠場中であり、本職のPGが誰もいなくなった。

代わりにその役割を担ったのは#17杉本憲男や#8田中昌寛。杉本は「PGは小学生以来だった」と笑ったが、有事に備えて準備はしていたと言う。

急きょPGの役割を担った杉本憲男選手

「シーズン開始前からPGが2人しかいない状況だったので、チームには言われてなかったですけど、勝手にPGのフォーメーション練習に入って、プレーのイメージ、準備をしていました。ただ経験値がなさ過ぎて上手くいかないところが多かった」(杉本)

そもそもこの試合は12人のロースターのうち、前述した岩松の他にも#5アベロン・ジョン・ジュニア(AJ)と#10犬飼啓介をケガで欠いていた。吉田が負傷し4人が出場不可能と厳しい戦いとなってしまった。

縦の速さを失ったチームは、なかなかリズムを作れず得点が伸びていかない。前半は24-41と17点差をつけられてしまった。

そして、後半の立ち上がりこそ田中、#3園田大祐、#24ジョセフ・ウォルフィンガー(ジョー)の連続得点などで追い上げたものの、健闘むなしく59-75で敗戦を喫した。

けが人続出も前向きに考えると落慶久HC

しかし落慶久HCは「(杉本や田中が)これまでのバスケットキャリアでやったことのないポジションだったが、けがの功名じゃないですけど、それぞれの引き出しが増えてくると思う。スクランブル体制ですが、このメンバーでやるしかないし、一人ひとりがチームとしてやれることを最大限やって、カバーし合えばいいし、その中で戦術を組み立てるのが僕の役割。言い訳をしたらいくらでもできるので、言い訳をせずにしっかりと準備してやっていきたい」と、落ち込む様子は一つもない。

緊急登録されたジョー選手は2日連続でWWの活躍

その理由として、新外国籍選手ジョーの目途が立ったことが挙げられる。13-14シーズンから日本でプレーするジョーは、フリーエージェントとなって母国で調整を続けていた。6日に来日したばかりで、すぐのゲームだったがGAME1、GAME2共にダブルダブルの活躍。「コートに立っていた時は非常に疲れていた」と笑ったが、「スゥープスはチームメートも環境も良いしとても前向きな姿勢を感じた。最後まで戦うという諦めない姿勢が素晴らしい。そして何よりブースターが素晴らしい。B1にも劣らないチームだ」とジョーは語る。今後コンビネーションが高まっていけば、チームとしてかなり強力な武器になり得る。

落HCも「うちの弱みであったペイントエリアで活躍できる。ジョーはハードワーカーだし、チームのコンセプトに愚直に動いてくれるというのがこの数日間で分かった。彼の加入によって周りの選手のパフォーマンスが上がってくるはずだし、新しいオフェンスのパターンも増える」とその効果を期待する。

園田大祐選手は9得点6リバウンドと積極性と調子が上向き

さらにスクランブル化したことで、これまで出場時間の少なかった選手たちの出番も増え、試合に馴染みだしてきたのも大きい。キャプテンの#25中野大介や#3園田大祐#7曽我嘉宏もこの日は積極的にシュートを打つ場面があった。

「あの人たちはもっとやりますよ。本当に能力があるし、一人ひとりが自信を持ってプレーできればあんなものじゃない」と言うのは、長く一緒にプレーしてきた杉本。ケガ人という負の部分が強調されがちだが、その反面、チーム全体としては底上げが図られているのである。

今週末は金沢武士団とのアウェイ戦。落HCによると岩松とAJが復帰できるかもという嬉しいニュースもある。杉本は「今シーズンは4試合ぐらい勝てる試合をこぼしている。接戦になっても勝ち切ることにこだわって、一戦一戦全力で戦いたい」と意気込みを語った。

犬飼啓介選手の復帰にも期待

選手コメント

杉本憲男「この歳になってもまだまだ上手くなりたいし、やれることを増やしたい。このまま引退していくつもりはないので、今より良いプレーをして、今よりもっと仲間を信じて、仲間の良いところを引き出して、仲間と一緒にもっと勝ちたい。チームとしての一体感はある。ジョーが入ったことでリバウンドもたくましくなったので、シュートがリングに弾かれても取ってくれるだろう。GAME1はめっちゃいい感じだった。みんなのプレータイムが伸びてアグレッシブにぷれーしていることは、今後の長いシーズンに必ず活きてくると思う。」

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください