ブラックブルズ対メイプルレッズ戦コメント

1月28日 飛騨高山ブラックブルズ岐阜10-14広島メイプルレッズ

試合後の監督選手のコメント

山川監督「勝てた試合だった」「相手は走るチームでそこをどう対応するかがカギだった。追いついてすぐに逆転されたのが精神的にも良くなかった。あそこで落ち着いて試合ができれば。ずっと1点差、2点差でリードしていたかった」「ディフェンスは機能している。そこまで点数を取られないが自分たちが得点できないところがキツイ。そこがいつも課題」「自分たちがやりたいことは明確になって来たと思う。今日の試合は勝たないといけなかった」

陣野瞳キャプテン「相手のエースがいないことは試合前に分かったが、いてもいなくても自分たちのプレーをしようという話をして試合に挑んだ」「昨日(北国銀行戦)良い試合ができて自信になったが、結局1試合を通して自分たちのハンドができなかったことが反省点だった。でも今日の試合も一緒。波があるチームだとわかってはいるが、常に高いところで出来るように一人ひとりが意識しないといけない」「相手の点数を10点以下に抑えないと勝てないのは痛感している。オフェンスでもうちょっとシュートにまで持ち込めるように力を上げたい。でもなかなか40メートルの練習がなかなかできないので」

田口舞「相手のエースがいなかったから絶対に勝たないといけない試合だった。でも負けて悔しかった。10点しか取れないのだったら自分が5点に抑えるしかない」「圧勝はできないけど絶対に勝てたはず。相手の気持ちより自分たちの気持ちが弱かった。ハーフタイムに『今のままじゃ後悔するからやり切ろう』と言って、それで変わった選手もいたが、チームとして変わらなかった。今日の負けは善戦ではない」「練習での熱量は上がってきていると思う。負ければ負けるほどみんな頑張ろうという気持ちになっている。でも試合で出さないとダメ。もっと練習がしたい」

金恩恵「自分たちが挑戦する気持ちで一つになってやろうとしたが、良いところまで行ってもミスが出て自分たちで崩れてしまった。相手が退場した時に1点でも入れば良かったが、そこでもミスが出てしまった」「逆転のシュートは相手が低くなった隙を見て狙った。たまたまいいシュートになった」「逆転していい流れになったが、その後もう1点入れれば自分たちのペースになっていたと思う。今日は速攻になかなか行けなかった」

友野優子「みんなでフォローしあってディフェンスできたところは良かったが、ここと言う時にボールを抑えることができなくて、60分間戦い続けることがすごく大事だと改めて感じた」「一人ひとりが自分の役割をわかってきたこと、池之端さんが戻ってきて機動力が生まれ、精神的にも余裕ができたことはディフェンスとして大きい。ただそこに頼ってばかりではいけないと思う」「自分たちの形が出たことは強みになる。それを自信に繋げていくことが大事。60分間徹底して自分たちのハンドをやり続けることが、今までもこれからも課題だと思う。残り6試合で一つでも多く勝てるように、60分間みんなで闘い切れるように頑張りたい」

 

 

 

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください