乗り越えられない壁はない、今のこの場所で立ち上がれ

2019年11月1日バスケットB3第7節ゲームワン:岐阜スゥープス68-89ベルテックス静岡

田中昌寛選手には試合をコントロールすることも求められている

「ケガ人が多く出ている中で、もう少し何かできたんじゃないか。僕自身が本当に反省しないと」。チームのレジェンド#8田中昌寛は悔しさをかみしめながら試合を振り返った。

浜松市の引佐総合体育館で行われた岐阜スゥープス対ベルテックス静岡のゲームワン。岐阜スゥープスは、今季新規参入したベルテックスに、自分たちのバスケットが出来ず完敗を喫した。

この試合は、ケガで#0岩松永太郎と#59オースティンが欠場、#17杉本憲男も来場できず、戦力は9人と厳しい戦い。その中でも第1Qはディフェンスリバウンドで圧倒的に優位に立ち互角の戦いに持ち込んだ。

ケガの岩松永太郎選手は練習を手伝っていた。ちょっと時間がかかりそうな様子

しかし第2Qに入り#37吉田健太郎がベンチに下がると、シュートを決め切れず、逆に相手に10点を一気に取られてしまう。その後、#5AJの連続得点などで5点差まで詰めよるが、24秒ギリギリで相手にスリーポイントを決められるなど、守備の甘さが出た。落HCは「いいディフェンスはしているのに、スリーポイントでポンとやられたり、ルーズボールを相手に取られたりというパターンが続いた」と、リズムが作れない要因を語る。

第3Q以降も乗りかけたところで、相手に決められるというストレスが溜まる展開。特に第3Qのブザービーターは精神的にもキツイ失点となった。

AJ選手はこの試合35得点15リバウンド

スゥープスはクラブ時代から守備からリズムを作るチーム。今もそのポリシーを大切にしている。その中で、1対1の守備でこれだけやられ、あと数秒我慢すればというところで粘り切れず失点をしてしまえば、相手のペースになるのは当然の理。事実、数字的に相手のシュート成功率は右肩上がりなのは粘り切れていない証拠。今一度原点に返る必要がある。

平日のアウェイ、しかもナイターにも関わらず、浜松まで駆け付けたブースターは、圧倒的に少ない人数ながら、点差のついた終盤でも「GOGO!SWOOPS!」の掛け声をコートに響かせ続けた。選手たちはこの声をどう感じてどうプレーで表現するか。それがゲーム2で一番大事になるだろう。

浜松でリスタートしてブースターの期待に応えたい

スゥープスは、ケガ人、年齢、仕事など様々な厳しい環境の下で戦っていることは理解している。それでもB3挑戦を続けると決めた以上はこの場所で立ち上がらないといけない。田中は語る。「メンタリティの部分で負けたらどこにも勝てない。もう一度気持ちを前面に出してやりたい」。今日から、いや今の瞬間から良くなることを信じてブーストする。

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください