勝ちまくって「岐阜スタイル」の確立を

J2 FC岐阜対町田ゼルビア マッチプレビュー

今週もWEBサイトにはFC岐阜の記事がたくさん載った。大木監督の率いる魅力的なサッカーが注目されることは、ずっとFC岐阜を応援してきている身としてはとてもうれしいし、自分の得意分野で伝えられないことを非常に残念に思っている。

それでも、人々を魅了するサッカーをしているとはいえ順位は18位。例年よりちょっと上なだけである。開幕前、大木監督は新しい岐阜のスタイルについて聞くと「結局勝たないとね、岐阜のスタイルなんて言えないんだよ」と真剣なまなざしで答えてくれた。

自分としてはこれまでのサッカーで、十分に楽しく新しい「岐阜スタイル」と思って見ているのだが、監督がそう言っていたならしょうがない。今節町田戦から勝ちまくって、岐阜スタイルが確立したと大声で言えるようになりたい。

ポイントはやはり決定力となるだろう。前節も前半のチャンスに決めきれていたら勝負はわからなかった。フィニッシュはどうしてもその日の調子や個人の技量次第となる、それならばチームとしては決定的なチャンスを何本も何本も作るかしかない。

前回対戦を参考にしてもポゼッションは出来るだろう。注意すべきは不用意なパスミスからのカウンター、ロングボールへの対処の2点。相手の少ないチャンスにあわてず騒がずDF陣は対処したい。

風間選手も「このサッカーがめちゃくちゃ楽しいといつも感じている」と言う。なかなか出場機会が伸ばせないでいる選手が言うのだから、その楽しさは相当なものなのだろう。今シーズン初勝利をあげた「ゲン」の良い町田相手に、ここから勝ち星を積み上げていきたい。

FC岐阜対町田ゼルビア 7月22日18:00キックオフ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください