反転攻勢の予感漂う快勝・ブラックブルズ

日本ハンドボールリーグ第5週1日目

飛騨高山ブラックブルズ岐阜(28-15)大阪ラヴィッツ

ここまで雌伏の時期を過ごしてきたブラックブルズが目覚めそうだ。

飛騨高山ブラックブルズ岐阜

日本リーグに参加して6シーズン目。プレーオフにあと1勝と手が届きそうなシーズンもあるにはあったが、ほとんどが下位に沈んでいたブラックブルズ。今シーズンもここまで4戦全敗と片目を開くことができていなかった。しかし20日に行われたホーム戦では序盤から相手を寄せ付けない快勝でシーズン初勝利。しかも今後に大きな期待を抱かせる勝ち方を見せた。

前シーズン個人四冠イ・ミギョン選手

そのカギとなったのは新加入のイ・ミギョン選手。昨シーズンの最優秀選手など個人四冠に輝いた実力者は、この試合から出場が可能となりいきなり10得点。「高山での初の試合だったから最初は少し緊張した」と、まだまだアクセル全開ではないというものの圧倒的なプレーでチームをけん引した。

シュートを打つイ・ミギョン選手

ミギョン選手の良さは得点だけではない。「視野が広いので良いパスが出てくる」とこの日6点を挙げた宮崎亜紀穂選手が言うように、他の選手を使うプレーも効果抜群。相手が自分を厳しくマークにくるとすかさず味方選手をうまく使い得点につなげた。この試合では得点者が9人とこれまでのブルズにはあまりなかった展開。地元出身の佐藤茜選手はうれしいリーグ戦初得点を挙げた。

リーグ初得点の佐藤茜選手はOGからの祝福で感極まった

連携も深まっていることが容易にわかるプレーが「スカイプレー」。バスケットボールで言う「アリウープ」的なシュートだが、味方とのアイコンタクトで意思の疎通ができていなければ仕掛けることもできない。しかしミギョン選手から和田育子選手へ、池之端弥生選手からミギョン選手へなど、何度もトライするシーンが見られた。

守備の要・池之端弥生選手

ブラックブルズの一番の特長であるディフェンスも機能していた。相手の速攻を体を張って止めるシーンや鋭い読みでインターセプトするシーンもあり決めさせない。GKの田口舞選手や菊池麻美選手も好セーブを連発して15失点に抑えた。「池之端が体を張って頑張ってくれるから止められるし、自分が不調な時でも菊池が止めてくれるからチームとしてのディフェンスができる」と田口選手。もともと守備には定評のあったチームだが、攻撃の活性化とともによりその特長が生きてきそうだ。

それでも山川由加監督は「内容的には良くなかった。全員で守り全員で攻撃するのがブルズだが、大量のリードでしっかり戻らないところもあったし、もっと速攻もスピードアップできた」と厳しさをみせる。しかしそれはクラブ初のプレーオフ進出を現実として見据えているからこその厳しさだ。

チーム2位の6得点・宮崎亜紀穂選手

去年までと格段に違ったのはパスの精度。これまではシュート前のパスミスや攻めのスイッチを入れるパスでミスが多く、攻撃にノッキングを起こしてしまうことが多かったが、この日の試合は大幅に改善。山川監督はその要因を「パスワークやフィニッシュにつながるパスの練習はしっかり積んできた。ミギョンのパスワークの良さを生かしてほかの選手でも得点がコンスタントに取れるようにしたい」と言う。

キム・ウンヘ主将

またこの試合は「1300人プロジェクト」と銘打って大キャンペーンを展開。その成果もあって会場は満員となった。キャプテンのキム・ウンヘ選手は「ホームの初試合でいろんな思いがあった。ミギョンが出られたこともうれしいし、こんなにたくさんの人が来てくれると思わなかった。声援も大きくてそのおかげで勝てた。選手たちも自信になったと思う。明日も頑張りたい」と笑顔を見せた。

イ・ミギョン選手という大きなピースを得て劇的な変化を遂げたブラックブルズ。上位チームとの対戦でどうなのか、相手チームの対策が進んだ時にどうなのか、まだまだ課題はあるがひとまず大きな成長と期待感を抱かせた。目標は上位4チームに入りプレーオフに進出すること。「今シーズンこそやらないといけない」と選手たちも気合に満ちている。まずは21日の試合で連勝を飾ること、そして上位との対戦で真価を発揮し悲願のプレーオフへ進みたい。

 

 

 

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください