岩手ビッグブルズ戦ゲーム1 コーチ選手コメント

落慶久HC

(苦しい試合でしたが振り返ると?)

そうですね。プラン通りに進んでいた試合でした。第1Q、第2Qに関しては、相手のやりたいことを全くやらせず、オースティンのいない中でも犬飼(啓介)が体を張ってくれて、非常に良いパフォーマンスを見せてくれました。ただ(岩松)永太郎がけがをしてしまったことはチームにとって痛手となりました。(吉田)健太郎が最後まで躍動してくれたのですけど、本来であれば永太郎とプレイタイムをシェアしながらやっているところなので、この1試合というよりは、シーズンを通じて彼のけがというのは痛いなと思っています。チームとしてはクロスゲームに勝てないということで、思うところはいろいろありますけど、経験値は上がったのかなと思います。

(第3Qに流れを相手に持っていかれましたが、その要因は?)

うちのディフェンスに対して、ハーフタイムでアジャストしてきました。でも、第4Qではピック&ロールの付き方を変えるなどして、もう一回アジャストし返すということができました。今までだとそのままズルズルといってしまっていたので、今日よくできたのかなと思います。

(最後の22秒はどんな指示を?)

相手はファウルが貯まっていたこともあり、チームとしては健太郎に最後しっかりとプレーさせることを指示しました。そのためにビンゴとAJがダブルスクリーンをかけようと。即席でもしっかりとやっていこうと言いました。ただ、その即席というところがうちのチームの弱いところで、その通りに外国人選手も含めて動けなかった。そこはやっぱり課題なのかなと思います。こういったラスト一本のプレーをもう一度練習の中でこだわってやっていきたい。でも選手たちは、これ以上ないというパフォーマンスを見せてくれたと思います。


#8田中昌寛

(ゲームを振り返って?)

最近の試合は、終盤に競り負けているという試合が多くて、今週は日本人選手と話し合いを重ね、外国籍選手ともミーティングをし、落HCともミーティングをして、もう一度自分たちの方向性という部分で、「ディフェンスにプライドを持ってバスケットをやろう」と話し合いました。その中で今日また競り負けてしまいましたけど、今日の負けは今までとは違った「次に繋がる負け」だったと思っています。ディフェンスからゲームに入り、前半は相手を21点に抑えることができました。ただ後半、自分たちのバスケットが遂行できなかったことが、最後1点差の負けになってしまった。試合後は落ち込んでいましたけど、自分としてはみんなに「下を見る必要ないよ」と言いました。ベンチも戦っていましたし、今までの雰囲気とは違って、前向きにチャレンジして戦って負けだったので、価値のある、次につながる負けだったと僕は思っています。

(最後の22秒のシーンは?)

あそこは・・・。まあ正直結果が全て。僕は健太郎に任せたので、あそこでシュートを打てずに彼が一番落ち込んでいると思うのですけど、シュートクロックを見てコントロールするべきだった。もっと言えば相手のファールが貯まっていましたから、インサイドも一つだったと思います。ただ、今シーズンは若いメンバーに任せてあげることが次に繋がるチーム作りだと思っていますので、この経験を次につなげてもらえばいいかなという気持ちでいます。

(去年までだったら自分が任せられた場面だったが?)

どちらかというと、僕はああいう場面は得意な方で、「お前が打って負けたんなら仕方がない」と思われるようなプレイヤーになりたくてプレーをしてきました。今回、健太郎にはもっと思い切って行って欲しかったなあというところが正直ありますけど、そこは本当に経験しかないので。でも本当にいい経験をしてると僕は思いますよ。今こうやって負けが続いていますが、クラブ時代も含めて、僕らが17年間成長してこれたのは、負けた時にどういう気持ちの持ち方でいられるかというところ。そこの軸がブレなかったから今があるわけで、負けた時に誰かのせいにしたらワンチームになれない。本当に負けた時こそ気持ち強くして、仲間を信頼してやっていこうねという話で今日のミーティングは終わったので、明日につなげたいですね。

(ブースターも試合前から大きな声で後押ししてくれた。今日はいい雰囲気でできたのでは?)

本当にそうですね。今日もそうだし、アウェーにもたくさんの人たちが来てくれた。だからこそ勝利して一緒に喜び合いたいと思っています。今シーズン、このままの状況で終わらないと思っていますし、今は本当に我慢の時かなと思っています。去年の連敗中より、今年の負けの方が悔しいのは、今季は戦えるという自信があるからこそなので、結果に対して自分が後悔しないように日々取り組みたいですね。

#37吉田健太郎

(相当悔しそうでしたが、今日の試合を振り返って?)

自分的にも個人的な感情もあって、どうしても勝ちたい試合でした。でもチームとしては、以前の負けよりは「チームとして頑張ろう」というような一体感が出てきていると思います。もう今日終わったことは仕方がないので、明日に切り替えてやるしかないかなと思っています。

(やはり、最後にシュートが打てなかったところが気になるが?)

時間を全部使おうと思っていました。22秒あったので、それを全部使ってシュートを決めて逆転勝ちしようと考えていたので、ああいうプレイになってしまった。14秒ということをわかっていなかった。

(今日もブースターは大きな声で声援を送ってくれたが?)

伊藤良太選手(右)と競り合う吉田健太郎選手(左)

ブースターの方にとっても今日の試合は特別な思いがあったと思います。あれだけ去年活躍された方(伊藤良太選手)が岩手に移籍したので。自分としては、正直そのことはモチベーションでしかありませんでした。自分がBリーグに入らせて頂いた時に在籍した先輩で、自分とはプレイスタイルは違う選手ですが、先輩から「(伊藤選手を)見て学べ」と言われていました。いろいろお手本にしたい選手で、今回、移籍したことも一つの決断だと思いますし、そういったことができるプロの根性をあの方は持たれていると思います。そういった部分も見習っていきたい部分もありますし、まあでも目標というよりは一つの楽しみだったのかなと思います。

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください