強豪となるための指針

2019年10月20日バスケットB3 第5節岐阜スゥープス50-91豊田合成スコーピオンズ

強豪豊田合成とのゲームは、いつも自分たちの力を試すものさしとなる

前日に行われたゲーム1で、今季の補強の目玉の一人#59オースティンが負傷。しかも相手は7連勝で首位を走る豊田合成と厳しい戦いが強いられた。それでも岐阜スゥープスの勝利を信じ多くのブースターが、アウェイの北名古屋市健康ドームに集まった。

第1Q:岐阜17-18豊田合成 

試合の序盤、スゥープスは入りも良く#0岩松永太郎のスティールなどもありリズムを掴む。5分34秒にはカウンターからサイドに開き#8田中昌寛の3ポイントと、得意の攻撃でリードを広げた。しかし徐々に相手の外国人選手の高さに押され差を縮められると、#17杉本憲男のファストブレイクなどで得点するものの、残り20秒で逆転を許してしまった。

序盤は岩松のスティールからの速攻などリズムを掴んだ

第2Q:岐阜16-27豊田合成

ようやくエンジンが掛かったきた豊田合成が、鋭い連係から得点を重ねる。厳しい体勢からシュートを打たされたスゥープスは、得点を奪っても単発で徐々にリードを広げられていった。

第3Q:岐阜8-25豊田合成

スゥープスは#0岩松がいきなり相手ボールをスティールし、レイアップシュートに持ち込むものの、ギリギリでディフェンスされて決められず。すると次々に得点を奪われてしまう。後半の初ポイントは開始から4分30秒を過ぎた後。その後もリバウンドのボールをそのままダンクシュートされるなど厳しい展開が続く。途中スゥープスは”オンザコートゼロ”。つまり日本人だけで戦うタイムシェアを敢行。その中で#3園田大祐と#37吉田健太郎がゴールを決めたことは一つの収穫だった。

キャプテンの中野は終盤に意地を見せた

第4Q:岐阜9-21豊田合成

このQも豊田合成の強さが目立った。#5AJの上からダンクを決められるなど首位チームの強さと速さを見せつけられたが、終盤に#25キャプテンの中野大介が意地を見せて4得点。#17杉本から中野、#10犬飼啓介の素早い連係で得点を奪ったシーンも今後に光明を見せた。

落慶久HC

落慶久HC「クロスゲームで勝てそうなところを3回連続で落として、チームとしてみんなが同じ方向を向いて進んでいたのが、それぞれの個性が出始めて雰囲気として良くない状態になっているのかもしれない。ただ昨日のゲームも最後は点差が離れたが3Qまではうちのバスケットができていた。やろうとしていることは間違っていないので、軸がブレないようにもう一回、スゥープスのバスケットをしようと思う。このタイミングで強豪の豊田合成と当たって良かったと思う。自分たちの弱さが浮き彫りになったし、どん底を味わったことで早く前向きになれる。正直なところ合成はすごく鍛えられていて、くだらないターンオーバーがない。それに対してうちはそれを得点に繋げられてしまった。それがメンタルにも響いて差になっているだけで、守りはしっかりと出来ているし、守りもトランジションでやられているだけなのでマイナスには捉えていない。タイムシェアを今年の課題に挙げていて、今日はそのタイムシェアを試した部分もある。日本人選手がどれだけチャレンジできるのか、それに対して外国人選手がどういうモチベーションで出来るのか試した。これくらいのタイムシェアならみんなフレッシュな状態でプレーが出来ると分かった。健太郎や永太郎、田中にプレータイムが偏っているのでそこは解消していけるようにしたい。次は岩手が相手。うちの選手をよく知っている選手がいるが、みんな気持ちも入ってくると思うので、ホームだがもう一度チャレンジャーの気持ちで戦いたい。うちのバスケットをやれば力に差はないと思う。外国人選手の奮起とチームの気持ちをしっかり出して勝ちたいと思う。」

岩松永太郎選手

岩松永太郎「負けが込んでいるが、勝っている時には見えないものがある。負けると一人ひとりのエゴが出てくるが、負けている時こそチームが一つにまとまってコートに立つ5人だけではなく、チームの全員が一つになって戦うことが大事だと思う。苦しい時だが流れが変わればいい方向に行くと思う。今のスゥープスの課題は後半の勝負所でどう戦うか。もっと僕と健太郎が勉強しないといけないと思っている。第1Qの良い流れを継続してやり続けることが大事。そのあたりの力を僕はもっとつけたい。やっぱり、ディフェンスリバウンド、ルーズボール、そういう地道なところをしっかりやらないといけない。僕らは100点を取れるチームではない。相手を60点に抑えれば61点で勝てるので、そういうところを徹底してやらないと。現状としてすべてが悪いわけではないし、これからどんどん良くなっていくと思っている。岐阜のブースターは暖かいので、こうして負けても何回も僕たちの応援に来てくださる。僕らはブースターのために戦うし、勝つことで恩返しをしたい。ブースター、スポンサーさんがあってこそ僕らはバスケットが出来る。こういう展開だからこそしっかりやりたい。」

中野大介選手

中野大介「最終Qは状況がどうであれ、出ているメンバーはしっかりやるだけなので、攻めるところは攻めるし守るところはしっかり守るという気持ちでやった。どれだけ身体を張ってみんな頑張っているかだと思うので、そういう部分はアピールできたと思う。リバウンドの部分でオースティンがいつも頑張ってくれていたので、そこでどんどん点差が広げられてしまったところもあった。ただ日本人でもスクリーンアウトなどは身体を張って頑張れるところなので、しっかりそこから組み立てていきたい。昨日も今日もすごい数のブースターが来てくれた。本当に勇気づけられたし何とか次回は笑顔を届けられるように頑張っていきたい。結果が付いてこなくて本当に悔しい想いを僕らはしているし、ブースターのみなさんにもさせてしまっていると思う。試合が終わるごとに成長できるように、自分たちのプレーが出来なくなった時に、どれだけ早く食い止めて踏ん張って、再び自分たちのリズムに持っていくかが大事。前向きに頑張っていきたい。」

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください