新体制発表19-20シーズンのメンバーは?

新体制発表会

バスケットボールB3岐阜スゥープスの新体制発表会が3日に開かれた。

クラブ時代から長く同じメンバーで戦ってきたスゥープスだが、初めて全国制覇した時のメンバーも多くが引退。今シーズン初めてその優勝を知るメンバーの比率が50%になった。しかしそのスピリットは健在。激しいディフェンスからのトランジションというスタイルは継承しつつ、上位進出を目指す。

以下、ヘッドコーチ、選手のコメント

落慶久新ヘッドコーチ

落慶久ヘッドコーチ(アソシエイトコーチから昇格)「スゥープスが今後ステップアップしていくためには2シーズン目が重要。このチームのストロングポイント、改善点は把握している。前シーズンの経験を活かして戦っていく。クラブ時代からの特長である激しいディフェンスとトランジションというスタイルは継承しつつ、今日的なバスケットの要素を取り入れて体現していきたい。メンバーは変わったが激しくプレーしてくれる選手ばかりで期待している。岐阜スゥープスの一番のストロングはブースターとの一体感。B3屈指の雰囲気を今年もみなさんと一緒に作り上げていきたい。我々はブースターの皆さんに興奮と熱狂を届けられるように、9月の開幕に向けてチームをさらに作り上げていきたい。」

#3園田大祐「チームとしても個人としても前年度以上の結果を残す。みなさんに毎試合熱い試合を届けたい。」

#7曽我嘉宏「今シーズンもスゥープスでプレーできることを誇りに持ち、みなさんに愛される選手、チームになれるように頑張りたい。」

#8田中昌寛「若くはないが、子供たちの目標となる選手になりたい。また同世代にも夢や目標を持って努力をすれば夢は叶うというメッセージを伝えたい。」

#10犬飼啓介「今シーズンもみなさんと一緒に戦えることを誇りに思っている。落HCはもちろん、ブースターの期待に応えられることを一番に考えてプレーする。」

#17杉本憲男(仕事のため欠席)

#18山田洋介「今シーズンはコート上で全力プレーできるように頑張りたい。みなさん一緒に戦ってください。」

#25中野大介(新キャプテン)「みなさんへの感謝の気持ちを胸に、スゥープスプライドを持って戦っていきたい。」

#32ビンゴ・メリエックス(もうすぐ来日)

#37吉田健太郎「ポイントガードの果たす役割はすごく大きいと思う。自分なりに頑張りたい。」

新加入#0岩松永太郎選手

#0岩松永太郎(新加入・東海大学)「自分の持ち味はディフェンス。岐阜スゥープスのバスケットを体現できるようにしたい。僕と健太郎を先輩たちは守ってくれると思う。(相手に)プレッシャーをかけて、チームとして60試合しっかり闘っていけるように準備したい。」

新加入#5アベロン・ルーク・ジョンjr選手

#5アベロン・ルーク・ジョンjr(新加入・カリフォルニア大学デービス校)「日本に来ることが出来て感謝し興奮している。初めて日本に来たが既に好きになった。チームの成功の力になりたいし、みなさんに誇りに思ってもらえるように頑張る。」

現在の発表は上記の11人。さらにもう一人センタータイプの新外国籍選手が加入の予定で、落HCは新シーズンの目標として「最低でも勝率5割。上位争い、優勝争いのできるメンバーが揃った」と意気込みを語った。

2年目もブースターが熱い

また前シーズンB3ベスト5に選ばれた伊藤良太選手は、プロとして活動できる岩手ビッグブルズに移籍。非常に残念なことだが、選手としてより良い環境を求めるのは当然の事。スゥープス戦以外の活躍に期待したい。

岩松選手はスポンサーである岐阜ダイハツに入社。この日辞令が手渡された。

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください