春のリベンジなるか高校野球岐阜県大会決勝

夏の甲子園を目指す高校野球岐阜県大会準決勝は、春の王者大垣日大が市岐阜商を1-0で、中京学院大中京は大垣商を8-0で下し決勝に進出しました。

決勝は大垣日大対中京学院大中京と昨年と同じ組み合わせ、更に春季大会決勝とも同じ対戦になりました。春季大会では大垣日大が12-2の大差で勝っています。中京打線が日大投手陣を打ち崩せるかが焦点になりそうです。

およそ20年現場で準決勝、決勝を見てきましたが、今年は行くことができません。両校の好ゲームを期待しています。

 

 

 

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください