重圧を乗り越え掴んだ勝利

1月8日(月・祝) 飛騨高山ビッグアリーナ

〇ブラックブルズ 17-11 アランマーレ●

波に乗れそうで乗れず、勝てそうで勝てなかったアウエーHC名古屋戦から2日。飛騨高山ブラックブルズ岐阜の今年最初のホーム戦は、12月の日本選手権で勝利を収めているプレステージ・インターナショナル・アランマーレが相手。リーグ戦でも8位とすぐ上の順位につけるだけに「勝ちたい」ではなく、まさに「勝たねばならない」プレッシャーの中での闘いだった。

しかし、その2日前の試合でエース金恩恵が負傷し、万全からは程遠い状態。これまで以上に選手一人ひとりの奮起が求められた。

「内容にこだわらず責任を感じて、1点差でもいいから勝ちに行け」と選手を鼓舞した山川監督。選手たちもそれに応えた。

宮崎亜紀穂選手

エースの負傷に「自分がやらなきゃ」と発奮したのは宮崎亜紀穂。先制を許したもののすぐにGKの位置をしっかり見極め同点となるシュートを決める。さらに友野優子の逆転ゴールを挟み、宮崎は得意の「ボールの出所が分からない」ミドルシュートを突き刺しリードを広げた。

積極的な守備も光った。特にGKの田口舞は試合前に「この試合は止めまくりますよ」という宣言通り、ファインプレーの連続で相手にゴールを許さない。開始33秒で失点は喫したものの、そこからおよそ14分間ゴールを与えなかった。

序盤から5-1とブルズが完全に試合の主導権を握る展開だったが、得点のチャンスを逃していると次第に波がアランマーレに傾き始める。すると14分からおよそ2分30秒の間に3連続失点、ブルズは1点差に迫られてしまった。

比嘉美咲紀選手

しかしそこで流れを取り戻したのはサイドの比嘉美咲紀。「オフェンスのミスで相手に攻められるパターンだったので、とりあえず落ち着いて1本取り戻そう」と、パスカットからの速攻を確実に決めると、中島紗里奈も続き、さらに再び田口の好セーブからの速攻を比嘉(美)が決めて、相手の気勢を削ぐことに成功した。

10-6と4点のリードで折り返した後半もブルズのペース。GKを中心に厳しい守備で相手に得点を許さず、コツコツとゴールを重ねる。全員でゴールを守り、全員でゴールを奪うブルズらしいハンドボールを展開し17-11でタイムアップ。2018年の初勝利をホームのプレッシャーの中で掴み取った。

陣野瞳キャプテン

「今日はみんなが、自分のやるべき役目をしっかり果たしてくれた。みんなが頑張ってくれてやっと掴めた白星」と、キャプテンの陣野瞳。また山川監督は「とりあえず良かった」とほっとした様子ながらも「ファンも選手もこの1勝を待っていたんだろうと感じた。でもこれで終わりじゃないので」と、すぐに次の戦いに目を向けた。

次戦は13日に熊本でオムロンとの対戦。上位相手だがこのアランマーレ戦で自分たちがやらなければならないことは明確に見えてきた。この日の貴重な勝利をきっかけにリーグ後半戦での巻き返しが期待される。

監督選手コメント

山川由加監督

山川監督「今日は内容より勝つこと、ファンの皆様に喜んでもらうことがテーマだったので、勝ってくれた選手にありがたいと思っています。内容的には文句をつけたいところも多いけど、よく踏ん張ってくれた」

 

陣野瞳キャプテン「とりあえず一安心。やっぱり心のどこかに不安があって、名古屋戦で勝ち切れなくて悔しかったし、今日はみんなで勝たなきゃと、いつもは感じないプレッシャーを今日は感じていた。みんなが気持ちを出してプレーしてくれたのが良かったと思います」

 

宮崎亜紀穂「両親も岩手から見に来ていたし、たくさんの人が応援に来てくださるので勝ちを何とか届けたいという思いもあったので、最初から飛ばそうと思っていました。思い切りプレーできて良かったと思います。流れが悪いと感じる中で得点を決められましたが正直、入ってよかったとちょっとほっとしています」

比嘉美咲紀「絶対に勝たないといけない試合だったので、チャンスがあったら飛び込んでシュートに持ち込もうと思っていました。チーム全体が悪かったら金さんが出る予定だったので、でもここで出たら足の状態が悪くなってしまうので、そのためにもみんながしっかり守って点を取って、金さんに休んでもらうために頑張ろうと言っていました」

田口舞選手(左)と和田育子選手(右)

田口舞「やっと勝った。うれしいというより安心しました。いつもいろんなことを考えるのですが、結局シュートを止めないと勝てないという所に一回戻って、自分は止めることだけを考えてプレーしました。(池之端)弥生が帰ってきてその分心強いし、もっと(連携が)合っていくと思うので良くなっていくと思います」

投稿者:

斎藤 孝一

名古屋市在住のスポーツライター。TV局の番組制作で長年取材してきた、岐阜のスポーツ選手の魅力を伝えたいとこのサイトを立ち上げました。大垣ミナモソフトボールクラブやハンドボールの飛騨高山ブラックブルズ岐阜、バスケットのGIFU SWOOPSなどを中心に、いろいろな岐阜のスポーツ情報を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください