大垣ミナモ 首位で順位決定戦へ

女子ソフトボールの日本リーグ2部ホープセクション最終節が、23日と24日大垣市の浅中公園で行われ、大垣市の大垣ミナモソフトボールクラブは総合成績10勝2敗で首位となり、来月行われる順位決定戦で、アドバンスセクション首位のNECプラットフォームズと対戦することになった。ミナモがグループセクション首位に輝くのは4年連続、今年こそ順位決定戦で勝利し、悲願の1部リーグ昇格を達成してほしい。

23日の試合で勝利し、優勝に王手をかけた大垣ミナモ。24日の第1試合は、前期に13-1と大勝しているペヤングが相手だった。

大垣ミナモの先発はエースの山田麻未。2回表、ペヤングの5番磯貝の打球はライトの下條が目測を誤り2塁打に、更にフィルダースチョイスも絡み1死2・3塁のピンチとなる。しかし山田は緩急をつけたピッチングで後続を断ち、仲間のミスを帳消しにする。

 

打線は3回ウラ、2死満塁のチャンスを作るが、3番・兼益明日香の打球は快音を残しセンターの頭上を襲うが、フェンス手前で失速し得点を挙げることができない。

「前期はたくさん点を取ってくれたので、楽な展開で投げられるかと期待していた」と言う山田だが、思わぬ膠着状態に「この流れは1点を取られたらまずい、締めるところは締めないと」と気持ちを改め、7回を2安打1四球というほぼ完ぺきな投球で味方の援護を待つ。

7回裏のミナモの攻撃は、2死から8番の粕谷朋世がサードへの強襲ヒットで塁に出る。打席には9番の小泉あい。前日3つの送りバントを決めボールが見えていた小泉あいだが、ここで不思議な感覚が頭の中に広がる。

小泉あいと小泉ゆいは双子の姉妹。今月1日の厚木大会で、同じ7回に妹のゆいが、2死1塁で同点タイムリーヒットを打っていた。「厚木大会のゆいの打席が頭の中でフラッシュバックして、良いイメージというか、ゆいの感覚が乗り移ったように打てました」

あいの打球は、ゆいのそれと同じように左中間を割り、1塁から代走の鈴木かやがホームを駆け抜けて大垣ミナモがサヨナラ勝ち。今季もグループリーグを首位で終えた。

溝江香澄監督は「ほっとしました。犠牲心を持ってやってきたことで最後のヒットにつながった」と殊勲打の小泉あいを称える一方で、「山田が踏ん張った。ピッチャーが困ったら野手が助け、バッターが打てなかったらピッチャーが踏ん張る。そういう強さが出てきた」と、悲願の1部昇格に向けてチームに手ごたえを感じたようだ。

 

またこの日、山田の投球を支え続けたキャッチャーで主将の柳田優香は「この厳しい試合を順位決定戦に繋いでいくことが大事。全員総力でモチベーションを上げていきたい」と、チーム一丸となって1部昇格を狙う強い思いを語ってくれた。

大垣ミナモ セクション首位に王手

23日に行われた日本女子ソフトボールリーグ2部ホープセクションで、首位の大垣ミナモは2位に付ける愛知県のドリームシトリンと対戦し4-1で勝利。24日に行われる残り2試合で1勝すれば、セクション首位としてアドバンスセクションとの順位決定戦に挑むことが出来る。アドバンス首位に連勝すれば悲願の1部昇格だ。

 

大垣ミナモの先発は防御率チームトップの竹原由菜。打たせて取るピッチングで上々の滑り出しを見せる。

3回表ミナモの攻撃は、1年前この大垣大会で大ケガを負った8番粕谷朋世が、左中間へのツーベースヒットで出塁。小泉あいが丁寧に送ると、ワンアウト3塁で郡上市出身の1番下條さくら。溝江香澄監督は2-2からエンドランのサインを出すものの、下條が空振りの三振。代走の鈴木かやも三本間に挟まれダブルプレー、先制のチャンスを逸した。

しかし5回表、先頭の田島萌愛がインコースのボールを叩き、ライトオーバーのホームラン。更にフォアボールとフィルダースチョイスで出たランナーを、またも小泉あいがしっかり送りバントを決めランナーを進める。1死2,3塁と追加点のチャンスに先ほどは三振の下條。「監督に打てと言われて、その言葉が力になった」と、相手投手の2球目を捉えると、打ってすぐにそれとわかる3ランホームラン。ミナモはこの回4点を先制する。

リードをもらった5回裏、竹原は連打でワンアウト2,3塁のピンチを迎えると、9番打者に内野安打を打たれ1点を失う。それでもすぐに切り替え後続を抑えると、最終回にランナーを出しても落ち着いたピッチングで1失点の完投。

去年の大垣大会から公式戦3連敗中だった苦手ドリームシトリンを倒し、ホープセクション首位に王手をかけた。

コメント

溝江香澄監督

「5-0、6-0ともっと得点を取りたかったけど、勝ててほっとしています。3回の攻撃はエンドランのサインを出しましたが、自分が1点を取りたいと焦ってしまって、下條の良さを消してしまったかなと思います。次の打席もカウント次第ではスクイズもというのは頭にありながら、基本『打ち』だからと言ったら2球目にあんな特大のホームランでびっくりしました。(あいの犠牲バントは)かなり大きい。自分の中では打ちたいと思うけど、自分の役割をしっかり身を挺して、犠牲心を持ってやってくれた。それがチームメートに浸透しているので次のバッターが『点を取るんだ』という気持ちになってくれるんだと思います。久しぶりに大勢の観客の中でソフトボールが出来ました。大勢の中での采配は初めてなので嬉しく思いました。お客さんには勝ちでしか恩返しができないので、何とか勝ちたいと、何度も客席を見返していました。選手たちも普段やっていることを見てもらえる喜びを感じていたと思います」

竹原由菜:完投勝利

「立ち上がりは悪かったところもあったけど、後半からライズも上がってきてどんどん力が出せたと思います。野手に打たせて取るというピッチングを目指していたので、それができてうれしかったですね。この試合は前から『自分が投げるんだ』と思って練習してきました。初めて大勢の中で投げて最初は緊張したけど、だんだんと慣れてうまく投げることが出来ました」

田島萌愛:先制ホームラン

「流れをこちらに持ってきたかったので、繋ぐバッティングを意識して打席に入りました。当たった感じではライトフライかなと思ったんですが、風もあったしみなさんの応援のおかげで伸びました。インコースのいつもは打ち損じる高さのボールだったんですけど、監督にアドバイスをもらって、自分の中で整理をしてバットを振ったので打てたと思います」

小泉あい:犠牲バント3-3で成功

「あれが私の仕事です。普段バントしか練習していないので(笑)。バントは自分でも不安なんですが、いつも練習でピッチャーに全力で投げてもらっているので、どうにか決めたいと思っていました。今日は3本も決められてうれしいです。またチーム一丸となってドンドン盛り上げて、リズムよく行けたら勝てると思います」

 

下條さくら:3ランホームランで追加点

「思っていた以上の応援でそれを力に変えられたと思います。前の打席で失敗をして、みんなが『気にするな、切り替えろ』と声をかけてくれて、溝江監督から『さくら、打って来い』と言われたのでその言葉が力になりました。インコースは打てないけど、アウトコースは打ち損じがないように練習してきました。そのアウトコースに来て打った瞬間というより、スイングをしたときにいい感じに振れたので、押し込んでもうホームランだとわかりました。地元郡上の小学生や合宿の時に教えた子供たちも来てくれたのでうれしかったです」

ソフトボール大垣大会 新人たちは

女子ソフトボール2部の大垣大会が23日から行われる。1部以上に盛り上がるこの大会、まだ未体験の新人選手たちは、今どんな心境でいるのか、またカギを握る地元選手に話を聞いた。

「先輩から、1部でもないくらいお客さんが入ると聞いているので、どれくらい入る楽しみです」と言うのは新人捕手の平川穂波。リーグ戦のデビューとなったペヤング戦で、満塁ホームランを放つなど大舞台に強い選手だ。

「会社(西濃運輸)からも試合があるたびに、『頑張って』と支えてもらっているし、理解してくれている。応援に来てくれるので、これだけやっているという姿を見せたい。その声援に後押しされて、自分の役割をしっかり果たしたい」と言う。

 

「親も見に来ると言っていたので、いつも見せない姿を見せたくない気もするけど、でも気にせず投げます」と、思春期のようなことを口にしたのは竹原由菜投手(イビデン)。鹿児島県出身でここまでホープセクションでは防御率1位と、抜群の安定感を見せる。大垣大会でも当然登板のチャンスがあるはずだ。

「開幕の頃のように完璧とは言わないまでも、任されたイニングは0点で抑えるようないいピッチングをしたい。チームとしては全勝、そのままの勢いで順位決定節に行きたい」と意気込みを語る。

郡上市出身で、ここまで3安打、1ホームランを放っている下條さくら外野手は「今まで試合をしてきて、自分の役割はわかっているつもり。チャンスを作る1本、チャンスで打つ1本、やり切って勝ちたい」と、とにかく結果にこだわる姿勢をみせる。

「地元なのでワクワクした気持ち、会社(大垣共立銀行)の人に声をかけられることも増えてきた。グランドの周りが全部ミナモの応援団になると聞いているので、緊張しないように、声援を力に変えていけたらと思います」

緊張する新人たちと対照的に落ち着きが出てきた選手もいる。2年目の田島萌愛外野手(日本耐酸壜工業)だ。

「地元でもあるし、応援してくれる方が見て楽しめる試合がしたい」と、これまでチーム最多のヒット(27打数10安打)を放つスラッガーは語る。さらに「スタメンで出る以上、自分が中心になってやってやると思ってプレーしています。1試合に1本では足りない、もっとチャンスメークしたいので、2本3本と毎打席でヒットを打ってチームの流れを引き寄せたい」と、中心選手としての自覚も芽生えてきた。

23日は前半戦で唯一の黒星を喫したライバル・ドリームシトリンとの対戦、24日はペヤング、東海理化とダブルヘッダーで試合が行われる。ホープセクションの順位が決まる第4節大垣大会、ぜひごひいきの選手と共に、大垣ミナモの新人と地元選手に注目して欲しい。

1年前の悪夢からの脱却 大垣ミナモ・粕谷朋世

昨季の大垣大会。セカンドを守る粕谷朋世選手は打球を処理した際に右ひざを痛めた。

「ケガをした瞬間、普通のケガじゃないと思いました。でもできると思ってもう一回グランドに走って行って。でも右ひざがおかし過ぎて・・・」粕谷はすぐに救急車で運ばれ病院に。全治6か月を要する大ケガだった。

打撃でも5番を任され、ランナーを置いた肝心なところでヒットを打つ勝負強いバッターだった。粕谷の戦線離脱は、1部昇格を目指す大垣ミナモにとって、大きな戦力ダウンだった。

「去年は今までソフトボールをしてきた中で、一番賭けていた年だったので、悔しかったというよりも何も考えられなかったです。ケガした後チームの練習試合も、ソフトボールすら見たくない時もあって。でもみんなで1部に行こうと決めていた仲間だったので、順位決定戦は祈るばかりでした」

一旦は失意のどん底に落ちた粕谷だったが、懸命にリハビリを頑張り、今年5月のリーグ戦で復帰。2戦目には安打も放ち2打点を記録した。接触プレーを避けるため、守備位置はショートにコンバートされたものの今回、再び大垣大会に舞い戻る。

「ふとした時に怖いなと思うこともあります。でも自分の力だけでグランドに戻れたわけではないので、本当にいろんな人に感謝しながらプレーしたいです。お世話になったたくさんの人に、この大垣大会でソフトをして、走っている姿を見てもらいたいです」と粕谷は語る。そして「このチームは地域や地元企業があってのチーム、大垣大会がすごく大事な大会であるということはよくわかっています。でもその中で今年はソフトボールを楽しみたいです」

あの大ケガから1年、粕谷朋世は悪夢を払しょくするために、チームの勝利と大事なところでの1本を狙っている。

充実した1年にするため 大垣ミナモ・兼益明日香

日本女子ソフトボールリーグ2部、グループセクションの順位を決める第4節大垣大会が23日から大垣市の浅中公園で行われる。大垣ミナモは現在、ホープセクションの首位。残り3戦を3連勝でフィニッシュすれば、他のチームの結果に関係なく首位で、10月に行われる順位決定戦に進出することができる。3連勝に向けて全員がキープレーヤーと言えるが、特に気になる選手に話を聞いた。

今回は背番号24・兼益明日香選手。今季はレフトのレギュラーとして、リーグ戦全試合に出場、主に3番を任され、チーム2位タイの8本のヒットを放っている。

「今年は任されている感じがしている。だから責任感を強く持ってリーグを戦っています」と言う兼益は、兵庫県出身で大垣ミナモに来て4年目。最初はピッチャーだった。「1年目のリーグ戦に少し投げただけで」とはにかむが、打撃を生かすため去年から望んで野手一本になった。

元々守備も打撃も好きだった。一昨年の1部2部入れ替え戦、最終回で代打に出た兼益が、フルスイングで相手ピッチャーのボールを捉えると、次の瞬間「ドスン!」と大きな音がドーム球場に鳴り響いた。兼益の打球がセンターバックスクリーンに一直線で飛び込んで行ったのだ。試合には敗れてしまったものの、その一撃は見る者すべてを興奮させる一打だった。

去年は主に代打での起用に甘んじたが、体制の替わった今年はクリーンアップを任されている。「代打は1打席で結果を残さないといけなかったので、気持ち的にも追い込まれましたが、今年は3打席の余裕があるし、守備からリズムを作って打てています」と兼益。「ここで打たなきゃと、自分を追いつめるより、開き直って気楽に考えすぎないようにしているのが良いのかも知れませんね」と、リーグ戦の打率3割3分3厘と好調な要因を語ってくれた。

23日から始まる大垣大会について兼益は「絶対にチャンスで打席が回ってくるので、そこで1本打ちたい」と意気込みを見せる。左打者の多い大垣ミナモの中で、貴重な右の長距離バッター。攻撃にアクセントを付けるためにも、その活躍は勝利に必要不可欠だ。「今年が一番結果が出ているし、大垣大会でも順位決定戦でも、自分が活躍して勝ちたいです」と語る。

より充実した1年にするために、悲願の1部昇格という結果を掴み取りたい。

今岐阜で一番オリンピックに近い男

スケートボード「パーク」笹岡建介に刮目せよ!

アジアチャンピオンとなった 笹岡建介選手

スケートボード・笹岡建介選手(18)。東京オリンピックで追加種目となったスケートボード「パーク」部門の第一人者だ。8月20日にシンガポールで行われた国際大会(バンズパークシリーズアジア大陸選手権)では並み居る強豪を抑え優勝、見事アジアチャンピオンとなった。

父や2人の兄の影響でスケートボードを始めた建介選手は、14歳の時、初めて出場したプロツアーでいきなり優勝、衝撃のデビューを飾った。高いエアやスピードがウリで、派手なパフォーマンスで観客を盛り上げることが大好きなスケーターだ。この春に高校を卒業、Xゲームやオリンピック出場を目指し練習に専念している。

「優勝できると思っていなかったのでうれしかった」と建介選手。実は4月の大会で左ひじを脱臼骨折し、靭帯の移植手術を行うという全治3か月の大ケガを負っていた。医師を説得し、この大会に向けてボードに乗ることができるようになったのは、わずか2週間前のことだった。

高いジャンプで観客を沸かせる

「ケガをしている時にもトレーナーと下半身の強化をやっていました。それで足が疲れなかったし、シンガポールにもトレーナーがついてきてくれて、身体のケアができたことが優勝に繋がったと思います」と、建介選手はまずトレーナーに感謝する。

次の目標は、この大会で出場の権利を得た、9月23日から中国・上海で行われる「ワールドチャンピオンシップ」だ。建介選手はこの大会にアジアチャンピオンとして参戦、各大陸王者と世界ツアーのトップ選手計24人と覇を争う。

建介選手の目標はトップ5人で争うファイナルへの進出。しかしそれ以外でもいろんな意味でチャンスだと捉えている。「いつも動画で見ているスゴイ選手たちとセッションすることができる。どんな滑りが見られるのか、気持ちが昂ります」建介選手にとって、ワールドチャンピオンシップは自分の成長を促進する大会でもある。

目標通り上位に進出すれば、来年から世界ツアーのメンバーになれる。すると夢のXゲーム進出に一歩近づくことになる。「ケガをして、まだトライしていない大技(540:ファイブフォーティ:横に1回転半する技)が出せていないので、あと1週間でその技が出来る体に戻して頑張りたい」と、世界進出に向けて視界は広がっている。

そして我々が気になるのは東京オリンピック。しかし開催種目は決まったものの選手の選考方法などはまだ決まっていない。それだけにアジア覇者、もちろん日本のトップ選手として、この国際大会に出場できることは有利に働くだろう。実績や現在の立ち位置から、個人の種目の中では岐阜県内で一番オリンピックに近い存在だと言える。

ただ当の本人は「オリンピックは出られたらいいですね」と、いたって冷静。それよりもスケートボードの楽しさ面白さを沢山の人たちに、自分の技を通して知ってもらいたいと考えているようだ。

とかく「ストリート」種目に注目が集まりがちなスケートボード。岐阜県民ならぜひ「パーク」そして笹岡建介に注目して、応援して欲しい。

「パーク」種目イメージ写真

*「パーク」はお椀型のボールや、深皿型のプールなどを中心にR斜面(コースの中で湾曲した滑走面)を複雑に組み合わせたコンビプールと呼ばれるコースを使用します。高速での空中浮遊や、体操競技のような飛び出しからの回転技がトリックの見所となります。

 

SWOOPS全日本クラブ選抜優勝 他週末の結果

■SWOOPS 4度目の日本一に

9月3日に浜松市で行われた第6回全日本クラブバスケットボール選抜大会で、我らがSWOOPSが5年ぶり2回目の優勝を果たしました。

1回戦 SWOOPS 105-75 UNDERDOG FK(九州2位・福岡)

2回戦 SWOOPS  83-61 Fantasista(近畿2位・大阪)

準決勝SWOOPS  94-62 横浜ギガスピリッツ(関東2位・神奈川)

決勝  SWOOPS 72-63 RBC東京(関東1位・東京)

優勝 SWOOPS 2位RBC東京 3位横浜ギガスピリッツ

当日取材できなかったので、喜びの声は後日掲載します。

■ブルズ 岐阜県内初戦は1点差惜敗

9月2日(土) ハンドボールの日本リーグ、飛騨高山ブラックブルズ岐阜は、前回大会2位の広島メイプルレッズと対戦し、18-19の1点差で敗れた。前半3点のリードを許したブルズは、後半一旦は逆転したものの、終盤に再び逆転された。

日本ハンドボールリーグ第2週

飛騨高山ブラックブルズ岐阜 18-19(7-10、11-9) 広島メイプルレッズ

■大垣ミナモ 首位で大垣大会へ

神奈川県厚木市で行われた日本女子ソフトボールリーグ2部ホープセクションで、大垣ミナモソフトボールクラブは、3試合行い2勝1敗。通算7勝2敗でリーグ最終節の大垣大会(9月23、24日)を首位で迎えることとなった。こちらへは取材できておりますので、試合の詳細は後日まとめてアップします。

9月1日 大垣ミナモ 3-2 平林金属

2日 大垣ミナモ 1-2 大和電機

3日 大垣ミナモ 3-1 厚木SC

2部ホープセクション順位 1位大垣ミナモ 2位DreamCitrine 3位大和電機工業 4位厚木SC 5位東海理化 5位平林金属 7位ペヤング

 

 

 

 

この大会で結果を残す SWOOPS全日本クラブバスケ

「今シーズンはこの大会で結果を残すため練習をしてきた」

第6回全日本クラブバスケットボール選抜大会が9月2日(土)から浜松市で行われる。2018-19シーズンからのB3リーグ参戦を狙うSWOOPSにとって、この大会で上位に入らなければ、その夢は持ち越しとなる可能性が出てくる重要な大会である。

SWOOPSの初戦は「UNDERDOG FK」、九州地区2位のチームだ。この試合でカギになるのは、やはりSWOOPSの生命線である守備面。ガードの杉本(慎)、小澤、杉本(憲)のディフェンスがどれだけ機能するのか。それに山田、三浦、小椋のアウトサイドシュートに当たりが出ればチームは波に乗れるだろう。

それにプラスしてSWOOPSには今年新たな武器が加わった。ゴール下で圧倒的な存在感を見せるビンゴ、マイクだ。更に4番ポジションに移行した犬飼、中野がミスマッチを突くことができれば、おのずと勝利は見えてくる。

外国籍選手とコンビネーションも徐々に良くなっており、チーム状態は東海大会よりも上がっている。田中と犬飼がケガで出場時間が限られそうだが、不安はそれぐらいと選手たちも自信を見せる。

「一戦一戦新生SWOOPSの形が出せるように、試合を通してチーム力がアップできるように頑張りたい」と田中。B3参入にはこの1回戦は必ず突破しなくてはならないが、チームの目標はあくまで「優勝」、第1回大会以来の戴冠を狙っている。

 

 

すべてはチームのために 大垣ミナモ主将・柳田優香

「はい、集まって!」ケースノックが終わると、大垣ミナモ・柳田優香主将の掛け声が響く。選手たちはみんな、ホームベース付近に集まり円になる。ミナモの練習中、頻繁に見られるようになった光景だ。

柳田優香主将

「面倒かも知れないけど、1回1回何が良かったか、悪かったか確認をして、意見を出し合っています。若手も一人ひとりが考えて意見を言えるようになってきました。それは絶対に試合に出ると思っています」

そう話す柳田主将は、大垣ミナモに加入して7年目になるチームの最古参。今年2度目の主将に任命された。チームの立ち上げからなかなか昇格出来ない苦しみを体感してきた人物である。

「(年齢が)下の時は、先輩への気遣いとか、いかに先に動くかとかキツかったですけど、上になって自分のことよりチームのことを考えるようになって、どうしたらいいのか、自分が考えて発言して行動して、それが正解なのか、間違っているのか、毎日がその戦いですね」と、その時々の苦労を話してくれた。

選手同士の話し合いが目立つ

溝江香澄監督は「チームのことを一番理解しているし、選手一人ひとりのことをみんなわかっている。その中でチームにとって必要なことを選手に伝えてくれている。柳田に助けてもらってチームがまとまっている」と、主将に全幅の信頼を置く。

チームをまとめ、引っ張る主将。しかし今季リーグ戦の出場数はわずかに2試合、若手の台頭もあり選手としては苦しんでいる。それでも「今のメンバーがベストメンバーだと思っているし、出番が来たら100%の力が出せるような準備はできています」と、柳田主将は個人的なことより、常にチームのことを優先に考える。試合に出られず悔しい思いをしているはずだと思うが、どうしてチームのことばかり考えられるのだろうか。

「応援してくれる人たちのことを考えたりとか、支えてくれる家族とか、とにかくこのメンバーが好き。みんなで一緒に喜びを分かち合いたい。その為なら何でもやろうという感じですね」

主将として捕手としてチームを引っ張る

チームの精神的支柱として欠かせない柳田主将。9月1日から再開されるリーグ戦について手応えを聞いた。

「みんなの顔つきを見てください。みんないろいろな思いがあると思うけど、困っていそうな顔はない。いい表情できていると思う」

後半戦、他のチームは首位ミナモを倒そうと全力で挑んでくる。しかしチームに油断はない。全てをチームのために注ぐ、柳田主将を中心に一つにまとまっているからだ。

「例えミスをしてもみんながカバーをする。チームワークが崩れないためにはその根元をしっかりすること。チームが一つになって目の前の相手を倒すことだけ考えている」

届きそうで届かなかった大垣ミナモ1部昇格の夢は「みんな」で掴みに行く。