Jリーグトライアウト岐阜系選手の様子

今月6~7日に名古屋にあるパロマ瑞穂スタジアムで、2017JPFAトライアウトが行われ、FC岐阜を契約満了となった選手、過去にFC岐阜に在籍していた選手も参加した。

常澤 聡 選手 (東京V-草津ーFC東京ー山形ー岐阜)1対1を止める場面や枠内シュートを横っ飛びで弾き出す場面もあり軽快な動きを見せた。

「自分はまだできる、動けるという所を見せたかった。楽しかったですよ、試合は。疲れましたけど。終わった後にこうすれば良かったと思うところはありましたが、今自分のできることはやれたかなと思います。自分としては手応えはあります。自分の中でまだやり切ったと思えていないし、自分を必要としてくれるクラブがあれば」

遠藤純輝選手(岐阜ー町田)ミニゲームから気合いの入った仕掛けを何度もしていた。フルピッチの2本目は右サイドバックで持ち味が出しにくそうだったので、1本目にゴールを決めておきたかった。

「選手を続けたいと言う気持ちが強く、トライアウト出場を決めました。走ると言う部分はできたと思いますが、技術の部分で結果が残せませんでした。もっと練習して結果を残せる選手にならないといけないと思いました」

深谷友基選手(大分ー大宮ー岐阜ー愛媛)

試合前からまわりの選手をまとめるリーダーシップは健在だった。試合勘的に難しそうだったが、得意な空中戦では完勝していた。

「また来年もサッカーをやりたいという気持ちで、戦力外通達を受けた時すぐに、トライアウトを受けるという気持ちになりました。(まわりによく声を掛けていましたが?)声を掛けることは自分の持ち味でもあるし、まわりの雰囲気も昂っていくと思うし、自分自身も集中できるので、ゲームでも意識はしたんですけど、プレーではミスが多かったので納得がいかないです。まあでもやる事はやったかなと、あとは待つだけですね。自分の中では今日で今シーズン終わったそういう気持ち、なかなか試合に出ることもなかったので、試合勘も含めて難しかったです。でも久しぶり試合をやって楽しめた部分もあって、まだサッカーをやりたいなと思いました」

山﨑正登選手(柏ー岡山ー柏ー岐阜ー柏ー岐阜ーYSCC横浜)中盤を仕切り好パスを供給。落ち着いたプレーをしていた印象。

 

鈴木潤選手(岐阜)1本目は左サイドで積極的にオーバーラップしていたが、2本目はやや疲れたか。懸命な姿勢は見えた。

山田晃平選手(草津ーコロラド・ラピッズー長崎ー長野ー長崎ー長野ー岐阜)2本とも攻撃的なポジションでよくボールに絡む。ドリブルの仕掛け、パスなど積極性がありかなり目立っていた。

秋葉勝選手(山形ー金沢ー山形ー岐阜ー金沢ー岐阜ー金沢)鈴木、山田と相対するチームの中盤に君臨。危険な場所を察知する能力や鋭いパスで唸らせた。

スタンドには大木武監督の姿も、ジュビロの服部年宏さん、山田正道さんも観戦していました。